消費者金融のアコムと銀行のカードローンの違い

消費者金融のアコムと銀行のカードローンの最も大きな違いについて述べると総量規制が適用されるかされないかという違いがあります。

総量規制というのは借り過ぎによって債務不履行に陥る事にならないように借入限度額を制限する規制であり、総量規制が適用される場合は年収の三分の一以下しか借りる事が出来ないようになっています。この総量規制というのはカードローンすべてに対して適用される訳では無く、貸金業者に該当する場合には適用されるようになっていて銀行はお金の貸し出しも行ってはいますが貸金業者では無いために適用されないようになっています。

消費者金融の中には不景気の煽りを受けたせいで銀行のグループになったところがいくつかあり、アコムも現在は銀行のグループに属していますが、誤解しないでほしいのは銀行のグループになっていても銀行と同じようになったわけでは無いのであくまでも消費者金融のままであり総量規制が適用されます。

また、消費者金融であるが故に銀行と比べると金利は高いという事も挙げられますが、その代わりに急いでお金を借りたい場合は比較的遅い時間まで対応可能で土日でも対応可能であるというメリットが挙げられます。銀行も大分融資まで早くはなっているのですが、アコムの方が即日融資に対応可能な条件が緩いです。また、初めてなら30日間の無利息サービスが用意されているというメリットもあり、限定的ではあるものの利息についても必ずしも銀行の方が有利という訳では無いです。
アコム増額をするには?審査内容・最短どれくらいで借りられる?はこちら

即日振込で素早くお金を借りる方法

現代は何でも高速化しています。これは列車や飛行機だけではありません。インターネットと携帯電話がありますので、情報もあっという間に遠距離でも届くようになったのです。高速化したことでキャッシング業界にも多分にその影響があります。
その1つはキャッシングをするときに即日振込みが可能になったことです。即日振込みが可能になったと言うことは、即日に審査してその結果が出ていると言うことです。出来るだけ即日に振り込みをしてもらうには、平日を狙うのが良いです。平日に申し込めば即日に審査結果が出る可能性が高いです。しかも早い消費者金融は1時間前後で審査結果を出します。これは、住宅ローンや自動車のローンなどと比べてもキャッシング即日審査が厳格でないことが理由になります。消費者金融の審査は意外と緩いことで有名ですが、審査することと言えば、安定した収入があるかどうかと言うことだけです。それには勤め先の会社に電話で聞いてその人が本当にその会社に勤めていれば審査に通ると言うことになります。では、平日でない場合はどうでしょうか。平日でない場合は会社自体が休みの時があります。会社が休みの時は会社に電話をしても誰も出ないかそのまま留守番電話につながってしまうこともあります。その場合には審査が遅くなってしまうのです。また、平日であっても提出した書類が間違えていることがあります。電話番号を書き間違えたり、振込銀行を間違えたりすると即日借りるのが難しくなります。

プロミスの店舗窓口の営業時間とは

最近ではインターネットを利用した申込が増えていて、インターネット上からの申込ならば24時間いつでも受け付けている上にわざわざ来店する必要も無くて便利です。プロミスでも当然時代に合わせてインターネットからの申込には対応していますが、それでもインターネット上だけで全ての対応が可能という訳では無く、中には店舗へ足を運ぶ必要があるというケースも考えられます。

それではプロミスの店舗窓口の営業時間はどのようになっているのかというと、原則は平日の10時から18時までとなっていて、土曜日や日曜日、それに祝日の場合は休みとなっています。自動契約機の場合は土日や祝日でも営業している上に営業も店舗窓口よりも長くて9時から22時までとなっていますが、それと混同してしまわないように注意して下さい。店舗窓口の場合はそれと比べると短い上に土日や祝日は使えないです。また、実際の対応はどのようになっているのかは個別で違う可能性があるので、もしも店舗へ足を運ぶつもりであればきちんと個別に何時まで営業しているのかは確認をしておいた方が安心です。

それでは個別に店舗の営業時間を確認するにはどのようにすれば良いのかについて説明をします。その方法は簡単であり、プロミスの公式サイトから店舗を検索する事が出来るようになっているので、それで自分が行く予定の店舗窓口を調べれば、同時に営業に関する情報も調べる事が出来るようになっています。

学生カードローンの注意点

学生カードローンのサービスも充実していることから、お金に困った時には大いに活用することができるでしょう。ただ、学生カードローンだからこその注意点もいくつかあるので、しっかりと把握しておくようにしましょう。
まず、学生の場合は借入限度額が低めに設定されることになります。業者にもよりますが、10万から20万円、どれだけ大きくても30万円以内のところが大半となっています。もちろん、学生ならそこまで高額な借入は必要ないでしょうが、限度額が低いことは承知しなければいけないのです。
次に、多くの学生はアルバイトをしているでしょうが、それでも社会人に比べれば収入は遥かに少ないわけです。したがって、無計画に学生がカードローン低金利を利用してしまうと返済が難しくなってしまい、場合によっては滞納をしてしまいかねないのです。返済が遅れれば、自宅の方にも電話がかかってくるので、親にもバレてしまうことになるわけです。
したがって、あくまでも必要な時に最低限の金額だけ借り入れるようにしましょう。もちろん、返済の際には利息が発生するわけですから、できるだけスピーディーに返済するようにしましょう。
あとは、必ず信頼できる業者を利用するようにして、くれぐれも怪しい業者には申し込まないようにしましょう。やはり、大手の消費者金融や銀行の学生カードローンを利用するのが無難でしょう。たとえ普通なら多少審査が厳しいところでも、学生専用ならそこまで審査は厳しくないのです。